Last update: 9 June 2017

日本語の関連サイト

技術情報

Fortran90プログラミング
SEIB-DGVMはFortlan90で記述されていますので、コードの改変にはFortlan90プログラミングに関する知識が必須です。

ツールメモ
GrADSの使用法に関しての各種情報。

清水慎吾さんのホームページ
FortranプログラミングやNetCDFに関する各種情報あり。あとリンクページも充実しています。なお、既存のデータをNetCDF化するための情報は、ここにもあります。

その他の関連情報

気候変動2007「影響、適応と脆弱性」日本語版
IPCC第4次評価報告書の第2作業部会担当部分の和訳

「神は細部に宿る」:樹木個体の空間分布が森林生態系機能を維持する
北大の久保さんによるGap dynamicsモデル SORTIEの解説(?)

データベース

植生調査 試験公開ページ
日本国内の植生分布図が入手可能。縮尺は2万5千分の1と高解像度ですが、まだ一部地域のみをカバーするに留まっているようです。それでも用途によっては十分に使い物になるかも。

北方林地帯における水循環特性と植物生態生理のパラメータ化
シベリアのカラマツ林帯における気象データやフラックスデータが入手できます。ここはキチンと管理されたwebsiteで、本当に利用価値のあるデータを提供しています。

Phenological Eyes Network (PEN)
葉のフェノロジーデータの配布サイト。徐々に充実してきました。

JaLTER
LTER (Long Term Ecological Research Network)の日本版を作ろうとしたものの、企画倒れで終わってしまった遺跡が拝めます。

地形データの紹介
インターネットで入手可能な地形データの概要と、データを利用するアプリケーションの紹介。

関連グループ

iLEAPS-Japan日本語ホームページ
委員は忙しい人ばかりなのに、割とマメにワークショップなどを開催しているようです。

統合的陸域圏研究連絡会
2006年度より日本気象学会に設置された連絡会。割と長く続いています。